×

OUR BRAND
アップライドとは

ブランドコンセプト

未来につながるケアと暮らしをお仕立て

介護する側と、される側。
おひとりおひとりが抱えている悩みは千差万別だから。
私たちの願いは、腕利きのテイラーのように、
そこにある課題や「こうなりたい」という夢に寄り添い、
身体にも心にも負担の少ないツールを駆使して、
未来につながるケアと暮らしをデザインし、お仕立てしていくこと。
すべての人が、生きる喜びを感じられるように。
そして、介護に関わる人に、働く喜びが続いていくように。
私たちはサイエンスとホスピタリティで、
介護のよりよい未来を見つめ続けます。

UPRIDE

UPRIDE(アップライド)とは、
UP(上向き)+PRIDE(誇り)+RIDE(乗る)という
3つのワードの組み合わせからなる私たちのブランド名。
介護される側の尊厳を守るのはもちろん、
介護業界全体の「自信・誇り」を高めるエンジンとなって、
多くの従事者とともに、ポジティブな上昇気流に
ライドしていくという意志を込めました。
UPの英字をモチーフにしたシンボルマークは、
無限を示す「∞」のイメージも秘めています。

アップライドの特長

1

介護する側、される側の尊厳を守る「ノーリフティングケア」

アップライドは、次世代に向けて「持続可能な介護」を確立するため、
「ノーリフティングケア―抱え上げない介護―」を推進します。
介護する側が抱える、腰痛や精神的ストレスなどのリスク。
介護される側が抱える、転倒の恐怖や精神的負い目。
私たちは介護リフト活用を通じてそれらの解消をはかり、
施設の業務改善はもちろんのこと、
介護にかかわるすべての人のQOL向上に貢献していきます。

2

科学データにもとづくコンサルティングとご提案力

ノーリフティングケアが社会に浸透していくためには
介護リフトの導入効果を実感していただくことが不可欠です。
そこでアップライドは独自のリスク計測システムを用いて、
介護リフト導入でケアの質がどう変わるかを徹底検証。
ご利用環境にふさわしい機種選びから活用研修までサポートします。
さらに、ミニマムな導入コストで最大の効果を実感していただけるよう、
日本ケアリフトサービス株式会社と提携し、
日本初(2020年11月1日現在弊社調べ)の介護リフトサブスクリプションサービスもご提供します。

3

サイエンスとホスピタリティを備えた専門家集団

アップライドの事業の2本柱は、介護リフト事業と、
福祉用具のレンタル・販売・住宅改修を行うライフサポート事業。
2つの事業に共通するのは、スタッフひとりひとりが、
施設や居宅における「理想の暮らし」のお仕立て役となれるよう、
日々努力を重ね、スキルを磨いている点です。
器具や用品が人体の生理に及ぼす影響を的確に把握するサイエンス。
そして人間理解にもとづくホスピタリティ。
その2つを備えた専門家集団でありたいと願っています。

運営会社

アップライドは、有限会社オオタ商会が運営しています。

オオタ商会の会社概要はこちら

TOP