×

NEWS
新着情報

高木 仁志

2020-10-20

飲食業を15年経験したのちに福祉用具の世界に足を踏み入れました。ご利用者さまと向き合い「この方のために何ができるか」を考えていると、スイッチが入ってパワーが湧いてきます。私たちの仕事は、相談が8割。たとえ素晴らしい用具があったとしても、それをご利用者さまの暮らしで生かしていただけるか否かは、当方の聞き取り力とご説明次第だと思うので、丁寧な対話を心がけています。

TOP